オンラインパチスロは違法なのか合法なのか、摘発リスクをまとめました。

違法か、合法か

パソコンに向かう顔の見えない不審者

オンラインパチスロを日本に拠点を置く事業者が運営した場合は、運営事業者とプレイヤー(遊技者)双方が賭博罪による摘発の対象となります。
換金はもちろん、国内の事業者がオンラインゲーム等で高額な景品・商品を用意することも禁止されています。
そのため、換金性の高いオンラインパチスロは、全て運営拠点が海外になっています。

 

海外に拠点がある場合、原則として拠点のある国の法律が適用され、実質無制限で景品・賞品を用意することができます。

 

これだけを見れば海外サイトのオンラインパチスロなら合法だと思ってしまいますが、日本人だけを対象にした海外事業者のコンテンツを遊んだ場合、日本の法律が適用される恐れがあるので注意してください。
ここがまさしく曖昧であり、現在グレーゾーンと言われる所以となっています。

 

実際の所は、いまあるオンラインパチスロはほぼすべての場合、海外に拠点を持つ事業者が、日本を含めた複数の国を対象にしたコンテンツとしてサービスを提供しています。
日本「のみ」が対象でない以上、日本の賭博法で罰することができません。
ただし、日本の法律で合法だと認められているワケではなく、あくまでも法律の盲点をついたグレーゾーンです。

 

オンラインパチスロが流行すれば法整備が進み、賭博法の規制対象になる恐れがあるので注意しましょう。
よほど派手な遊び方をしない限り、前例のない状況で突然摘発される可能性は極めて低いです。

 

摘発事例もある

パトカーと二人組

オンラインパチスロと同じカテゴリーにあるオンラインカジノでは、2016年に日本人のプレイヤー3人が賭博法違反で摘発されて大きなニュースになりました。
この摘発事例はスマートライブカジノという海外のオンラインカジノを利用したものですが、日本人ディーラーを起用したライブカジノを提供していたため、日本人を対象にした賭博だと判断されています。

 

摘発されたものの、やはり海外サーバーでの運営だったことから賭博罪の適用が難しいと判断され、不起訴処分になりました。
その後は日本語に対応したオンラインカジノの多くが摘発を受けない防衛策を徹底させています。
2017年以降にオンラインカジノのプレイヤーが摘発をされた事例はなく、現状は摘発リスクが極めて低いと言えます。

 

実績の乏しい所は危険?

スマートライブカジノで摘発されたプレイヤーが不起訴処分になった要因の一つは、運営者が処分されていない中でプレイヤーだけ処分を受けるのは妥当ではないと判断されたためでもあります。
スマートライブカジノはマルタ共和国のライセンスを取得した正規業者だったため、日本の法律で裁けません。

 

オンラインパチスロの場合も、運営(胴元)が摘発された場合はプレイヤーも取り締まりの対象になる恐れがあるので注意しましょう。
合法国のライセンスを取得している所を選ぶのは当然ですが、運営実績が豊富で多くのプレイヤーがいる老舗大手を選ぶのが無難です。

 

取り締まりの優先順位が低い

オンラインパチスロは現状違法でも合法でもないグレーゾーンに位置するサービスです。国内外で取り締まりを強化する動きはありません。
その背景には、違法動画のアップロードや児童ポルノサイトなど違法なネットコンテンツが多数あることが関係しています。

 

明確に違法なネットコンテンツでも海外サイトであることを理由に摘発困難な事例が多く、YouTubeに著作権違反の動画をアップロードする人も後を絶ちません。
こうした中でグレーゾーンとされているオンラインパチスロのプレイヤーを一斉摘発する状況は考えにくいです。

 

指を立ててびっくりマークを出す男性

ただし、ネットコンテンツのコンプライアンスを問題視する動きが強まっているので、今後業界に大きな規制が動きが出てくる可能性はあります。
大規模な規制や法改正が行われた場合でも、まずは運営元を対象にした取り締まりから始まるので、その動向はチェックしておくべきでしょう。

 

現時点でオンラインパチスロは安心して楽しめるコンテンツだと評価できますが、合法とは言い切れない部分があることを理解した上で利用する必要があります。