オンラインパチスロはホールより還元率が高く遊びやすいです。

オンラインパチスロの還元率

オンラインパチスロの還元率は97~99%と言われています。ただし、こちらはプレイするメダルと払出枚数を比較した数字(ペイアウト率)にであり、実際のところは運営(胴元)が10%以上の利益を出していると言われています。
また、景品交換型のオンラインパチスロは、景品への交換レートが極端に悪いため、実質勝つことは難しいと思われます。

 

早期換金ならカチドキで決まり

オンラインパチスロで得た利益をすぐに換金したい場合は、カチドキがおすすめです。
カチドキは出金手数料10%+コイントレード経由の振込手数料300円が必要ですが、実質90%前後の還元率を確保できます。
また、新規会員登録特典などで貰える設定6チケットを活用すれば、109~140%高い機械割の台を打つことができるので、充分にプラスが見込めます。

 

景品交換型のオンラインパチスロの場合、プレイするポイントを景品交換用のゴールドに交換してから、それを景品へ交換する流れになります。
ポイント購入方法やキャンペーンの活用状況によって変わりますが、通常時は3分の1程度の換金率になるので、実質勝ちはほぼ見込めません。
(20円スロットで例えると6円程度、5円スロットで例えると1.5円程度)
10%の出金手数料を取られるものの、換金レート自体は等価になる点がカチドキの強みです。

 

お店(ホール)より有利

パチンコ・パチスロホールの還元率は平均で80~85%前後と言われています。
オンラインパチスロは機体の導入コストと人件費・電気代・テナント料がかからないため、お店よりも高い還元率を実現させることができています。

 

高還元率ならではの注意点

カチドキの場合、ゲームのペイアウト率が高いというメリットはあるものの、10%の出金手数料の存在には注意が必要です。
また、出金限度額が1日1,000ドル、1ヶ月5,000ドルとなっているため、大勝ちしたからと言って即座に全額換金できるとは限らない、という懸念もあります。
とはいえ、現状のオンラインパチスロの中では圧倒的に割が高く、熱いイベントや設定チケットがある時に絞ってプレイしていけば、出金手数料を差し引いても手堅く稼ぐことが可能です。

 

オンラインカジノに劣る

還元率だけを見た場合、ゲームの還元率(ペイアウト率)が平均93~98%・出金手数料1%~での対応をするオンラインカジノの方が優れています。
カチドキが高い出金手数料で利益を取っているのは、既存のゲーム会社(プロバイダ)から安くゲームを仕入れているオンラインカジノとは違って、自社でオンラインパチスロを開発する費用が嵩んでいるからでしょう。
還元率だけを追い求めた場合は一般的なオンラインカジノの方が有利ですが、オンラインカジノ向けのスロットゲームは解析情報が少ないので注意してください。
パチスロ経験のある方は、設定や引き際を熟知している実機再現機で遊んだ方が勝率は上がります。

 

オンラインパチスロは遊びやすい

出金手数料や景品交換レートを踏まえた総合的な還元率は低く感じるかもしれませんが、パチスロ自体のペイアウト率は非常に高いです。
貯メダルのような形でアカウントに残高を残して再プレイできますので、出金額を上手にコントロールすればかなりお得に遊べます。
パチスロを打つことで気分転換できるゲーム性を重視する方なら、コスパの高さにきっと満足できるでしょう。
今後、オンラインパチスロが流行すれば、オンラインパチスロ専用のスロプロが増えていくかもしれません。
ただし、毎月生活できる現金を手に入れようとした場合、現状のルールだと出金限度額の壁が大きくなります。
現在の出金ルール・実質還元率で見た場合、パチスロで気分転換しながら副業したい方におすすめです。